ジェネリック医薬品(後発医薬品)

 皆さんは、「ジェネリック医薬品」(後発医薬品)という言葉をお聞きになったことがありますか?
 医療機関で処方される薬には2種類あって、1つは日本で最初に発売された「新薬」といわれるもの。もう1つは新薬の特許期間満了後に発売された後発医薬品で、これが今注目されている「ジェネリック医薬品」と呼ばれる薬です。

「ジェネリック医薬品」ってなに?

 日本で最初に発売された「新薬」は特許に守られており、一定期間独占販売権が認められています。しかしその期間が過ぎた後は、別な会社でも同じ成分と効能で製造・販売が認められるようになりました。こうして新たに発売された薬が「ジェネリック医薬品」です。

イラスト
「ジェネリック医薬品」の品質・効能は?

「ジェネリック医薬品」は既に有効性・安全性が確立している物質をより安価に患者さんに提供するという役割がありますので、新薬との同等性と品質に重点を置いて開発を行ないます。薬事法の定めに従い、新薬と全く同様にさまざまな基準を遵守し、開発・製造・販売されており、品質・効能においてなんら問題はありません。

「ジェネリック医薬品」は医療費抑制につながる

 後発品である「ジェネリック医薬品」はまったくの新薬と異なり、それまでの使用経過があるため、研究開発にかかる費用が抑えられます。そのため、大手メーカーの先発品よりも価格が安いという大きなメリットがあるのです。新薬と同じ有効性・安全性・品質で価格は新薬の約2〜7割、平均すると半額くらいに抑えられ、皆さんの家計の手助けになり、ひいては、健康保険組合やわが国の医療費抑制にもつながります。

「ジェネリック医薬品」の処方を希望してみませんか

イラスト 医療費高騰がクローズアップされている現在、厚生労働省は「ジェネリック医薬品」の利用促進に向け、全国の医療機関に呼びかけを行っています。
 当組合でも、医療費抑制につながる「ジェネリック医薬品」の普及を応援しています。日本ジェネリック研究会のホームページでは、ジェネリック医薬品を積極処方している医療機関についての情報や、「ジェネリック医薬品お願いカード」をご提供しています。この「お願いカード」を健康保険証と一緒に医療機関窓口に提示するなどしてみてはいかがでしょうか。

日本ジェネリック研究会

URL:http://www.ge-academy.org/index.html
メールアドレス:info@ge-academy.org

このページの一番上へ